美容整形クリニックで圧巻のダイエット|痩身術もお手の物

効果的な部分痩せの方法

腹囲計測

美容整形での痩身とは

美容外科においての痩身術で最も効果が高い部位にはウエストがあげられます。部分的な痩身術においては、脂肪の厚みが多いほど効果は出やすいです。そのために、ウエストやお腹回り、太ももなどは最も効果が出やすい部位だと言えるのです。美容整形での痩身では、運動療法や食事療法などとは根本的に異なる脂肪の減らし方をします。いわゆる脂肪とは、脂肪細胞の塊のことを言います。この脂肪細胞の数は、誰でも思春期を迎えるころには決まっています。しかし、同じ脂肪細胞の数を持っていても、太っていたり痩せていたりするという違いはどこにあるのでしょうか。実は脂肪細胞ひとつひとつの大きさによるものなのです。痩せている部分は脂肪細胞の容量が少なく、太っている部分は容量が多いという特徴があるのです。運動や食事によるダイエットでは、この脂肪細胞の容量をコントロールすることが重要になります。ですから、ダイエット後に元の生活に戻してしまうと、リバウンドという結果になることもあるのです。しかし、美容整形での痩身はこの脂肪細胞の数そのものを減らすことを目的にしています。脂肪細胞の数を減らせば、当然その部分は痩せることが出来ます。食事や運動によるダイエットは体全体の脂肪量を減らすのに対して、美容整形の痩身術はピンポイントの部分痩せが可能なのです。つまりもともと普通体系や痩せ形のダイエット効果が出にくい人が、「お尻だけ小さくしたい」とか「ウエストだけ細くしたい」といった希望を叶えることが出来るのが美容整形での痩身術なのです。

効果をきちんと得るために

では美容整形での痩身術にはどのようなものがあるのでしょうか。ウエストやお腹などの部分痩せ効果があるものに、キャビテーションという技術があります。超音波によって硬くなってしまった脂肪の塊を柔らかく乳化させることによって、体の外に排出しやすくする施術方法です。脂肪の厚みがある部分に効果があるために、ウエストやお腹まわり、太ももなどにとても効果があります。注意しなくてはいけないのは、キャビテーション自体には排出する効果はないということです。脂肪を柔らかく乳化させることは出来ますが、それを効果的に排出できないとまた冷えて元の脂肪の塊に戻ってしまいます。ですから、キャビテーションを受ける前後には、水分を多めに摂って、脂肪細胞の排出を促す体の状態にしておいたり、脂肪が乳化している状態のうちに運動をしっかりしたり食事制限をしたりとしっかり脂肪細胞を排出出来るようにすると効果が得やすくなります。また脂肪溶解注射も美容整形ではよく使われる痩身術です。この注射には、大豆などに含まれるレシチンという成分を配合した薬剤を使います。レシチンには脂肪を乳化させる働きがあります。部分痩せをしたい部位の脂肪に直接注射することにより、脂肪を乳化させ、体の代謝とともに脂肪細胞を体の外に排出させる効果があるのです。ただし、脂肪溶解注射によって注入できる薬剤の量は決まっているので、1回の注射では効果があまり感じられないという人もいます。複数回続けて打つことによってようやく目に見える効果が得られるといった人もいるので注意が必要です。脂肪細胞の数自体を減らすことのできる美容整形での痩身術は、リバウンドの可能性を減らすことが出来るというメリットがありますが、その仕組みを知らないと効果があまり得られないという結果にもなりかねないため、不安やわからないことはきちんと医師に相談するようにしましょう。